引きこもり・ニートの社会復帰は難しい?社会復帰のためにするべき準備

引きこもり ニートの社会復帰は難しい?

どうも、ゆうまです!今回は引きこもりニートの社会復帰についてのお話です。

僕自身も経験済みです(苦笑)、なので気持ちは分かると思っています。

引きこもりやニートの中には社会復帰したくても中々抜け出せない人は多いです。

抜け出せないままただただ不安と戦ってるんですよね。

世の中には「引きこもりやニートって楽そうだよなぁ」っていう人いますが、そんなことはありません。精神的ストレスは計り知れません!

主なストレスの原因は「将来への不安」「金銭への不安」「孤独感」でしょう。

引きこもりニートでずっと楽に暮らしていけるなんてのは、よほどの大金持ちや資産家の子供くらいでしょう。

恐らく、この記事にたどり着いてくれた皆さんは一般的な引きこもりニートの方、または身内にそのような方がいる人でしょう。

その前提でお話していきますね。

引きこもりニートの社会復帰は難しいのか?

引きこもり ニート 社会復帰 難しい

社会復帰は思っているほど難しくない

よく5ch(元2ch)などの匿名掲示板やネットなどでは引きこもりやニートになったら人生終わりなんて不安を煽るような書き方をされている人が多いので、不安になってしまう気持ちは分かります。

ですが引きこもりニートの社会復帰はネットで書かれているほど難しいものではありません

ネットのネガティブキャンペーンを信じて不安と恐怖で踏み出せない人が多いのが問題です。

匿名掲示板などネットではありとあらゆる方法で他人を引きずり降ろそうという人がいるので鵜呑みにしないでください。

一般的に30代辺りであればまだまだ社会復帰は全然可能です。

40代を過ぎてくると確かに難しくなってくるかもしれませんが、技術職や人手が足りてない会社は多くあり受け入れてくれる職業もあるでしょう。

引きこもりニートが長期化すると弊害が・・・

引きこもりニートの社会復帰で難しい原因は、長期化してしまった事による弊害です。

引きこもりニートが長期化してくると、外での生活にストレスを受けやすい体質となってしまいます。

そのせいで長続きせずまた引きこもりニートに戻ってしまう人も少なくありません。

なので、長期引きこもりやニートにはリハビリ就職までのリハビリ期間が必要なわけです。

引きこもりニートの社会復帰に必要な準備

引きこもり ニート 社会復帰 方法

体力をつけよう

引きこもりニートの中の多くは体力が著しく低下しています。

しばらく運動していなかった人などは、まずは基礎体力をつけることから始めましょう。

歩くだけですぐ疲れてしまうような状態であれば、仕事を長く続けるのは難しいです

ウォーキングなどをすれば体力も取り戻せますし、日光を浴びる事で体内の幸せ物質セロトニンが生成されるので明るい前向きな気持ちになってきます。

鬱病などの人はこのセロトニンが足りてないようです。

昼間のウォーキングがキツイ方は夜のウォーキングでもいいので体力づくりを始めるといいですよ!

体力がついてくると不思議なことに自然と自信もついてきます。

自己肯定感を強めよう

引きこもりニートの人はどうしても自己評価が低い傾向にあります。

自分に自信がないと不安を感じやすかったりストレスを抱えやすいです。

こればかりは、今まで積み重ねてきたものなので、克服することは容易ではありませんが、自己評価を下げる考えや言葉が出てきたら意識して無くしていきましょう

寝起きと夜眠りに落ちる前に自分を褒める言葉を心や言葉で唱えると潜在意識に刻み込まれやすいので寝起きと眠りに落ちる前は自分を褒める言葉をかけましょう。

バイトから始めてみよう

正社員からではなく気軽に始めれるアルバイトや派遣などから始めて体力や社会性を身につけていくのは有効な手段です。

アルバイトであれば、応募のハードルは高くないですし、簡単に始められます。

アルバイトなどを足掛かりとし正社員へ復帰した引きこもりニートは多くいます。

引きこもり、ニートからフリーターへ昇格しただけでも立派な社会復帰です。

注意点
給料が良くてもいきなり体力を使うような仕事はやめておいた方が無難です。長く続けられそうなアルバイトを最優先で探してみましょう。
ニートでもできるバイト9選!ニート脱出に最適なアルバイトランキング
ニートでもできるバイト9選!ニート脱出に最適なアルバイトランキング

仕事探しを習慣化する

これだけは絶対やって欲しいのですが、仕事探しを習慣化してください。

週1回ハローワークへ実際に行って新しい求人を見るなど実際に外に出て行動する習慣をつけるのはとても有効です。

特に引きこもりは自室に慣れすぎてしまっていて外出するのにも足が重く行動できない状態です。

人間には一番慣れ親しんだ居心地の良い空間に戻ろうという性質があります。

それを変える為にも、実際に外出し仕事を探すと、段々引きこもりからの呪縛が解けていきます。

それと同時に、今はネット環境さえあれば家でも仕事を探せるのでネットの求人サイトなどでも仕事を探しましょう。

アルバイトでも正社員でもいいので仕事探しを習慣にして、良さそうな仕事があればどんどん応募しましょう。

「落ちたらどうしよう・・・」とか「電話が怖い」とかそんな気持ちは吹き飛ばしましょう。

もし落ちてしまっても応募した自分を褒めましょう。電話できたら、電話した自分を褒めましょう。

そうすることで、段々と慣れていきます。最初の踏み出す1歩が一番重たいですし、しんどいです。

そこさえクリアしてしまえば、段々慣れていきます。

ポイント
「1週間に最低2件応募するぞ!」などノルマを設定しておくといいですよ!

最後に

現在引きこもり、ニートの多くの人は不安でいっぱいでしょう。

引きこもり、ニートは行動しない理由を考え、自分を正当化してしまいがちです

ネットの情報ばかりを仕入れて、さらに不安になり行動できなくなってしまっているんですね。

ですが、そのままではいつまで経っても不安感からは脱出できません。

それどころか、どんどん引きこもりやニート期間が長期化していき更に行動できなくなっていく負のスパイラルです。

今、この瞬間が社会復帰するチャンスです。今まで引きこもりニートだったのは仕方がないとして。

今この瞬間をきっかけに変わってもらえれば幸いです。

社会復帰すると、もちろん別の悩みも現れると思います。

ですが漠然と恐怖と不安に怯える生活よりも全然良いものですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください