通信制高校の選び方!失敗しない比較方法!公立?私立?どこがいい?

通信制高校 選び方 失敗しない

通信制高校って結局どこにすればいいの?
これから通う大切な進路は慎重に選びたいわよね!今回は通信制高校選びのポイントを解説するわ!

通信制高校の選び方

これから通信制高校に通ってみようかな?そう思われている人も多いかと思います。

大切な進路選びで失敗したくないですよね?

進路選びに失敗しない為に、通信制高校を選ぶ判断基準や大切なポイントを様々な角度で解説します。

入学してから、後悔しないためにも、是非通信制高校選びの参考にしてくださいね!

公立高校?私立高校?どちらを選ぶ?

まず最初に選ぶべきポイントは公立を選ぶか私立を選ぶかです。

公立の通信制高校を選んだ場合はどこも特色なく、ほとんど違いはありません。

また、公立の通信制高校は都道府県毎に1~2つしかないので、公立通信制高校に通う場合は、自宅から通学できる範囲の公立高校に迷わず入学することになります。

逆に私立の通信制は特色が様々で、選択肢も様々で選ぶ際には、自分にあった選び方をする必要があります。

では、公立と私立どちらを選べばいいのでしょうか?

公立と私立の最も大きな違いがでるのが学費です。

学費は安いほうがいい!こう考えるのは当たり前ですよね?

結論を先に言ってしまうと、学費だけで選ぶなら間違いなく公立の通信制高校です。

全日制高校の場合もそうですが、公立高校と私立高校では学費に雲泥の差があります。具体的に見てみましょう。

公立通信制高校高校1年間の学費

入学金 500円
授業料 年間1~3万程度(1単位当たり300円~)
その他費用 年間3万程度(学校による)

公立通信制高校の1年間にかかる費用は大体3万程度です。とても安いですよね?

そのほかに確認しておくべきポイントは通う高校に制服が必要であるかどうかです。

公立性高校の場合、制服が必要な高校も稀にあるのでそのような学校では費用がその分高くなります。

私立通信制高校1年間の学費

入学金 2万~5万円
授業料 年間18万円~(1単位当たり6000円~)
その他費用 年間3万程度(学校による)

私立高校は学校やスクーリング(通学)の日数によって学費が大きく異なってきます。

週1日通う場合は年間平均25万円週3日通う場合は年間平均47万円週5日通う場合は年間平均86万円

このように、通う日数(スクーリング)が増えるほど学費は高くなります。

就学支援金を利用しよう!

通信制高校を通うにあたって、国から学費援助を受けることができる制度です。

世帯年収によって、公立通信制高校では授業料が全て無料単位制の私立の通信制高校では平均年間12万円を授業料から減額することができます。

通信制高校に通う場合は利用しましょう!

詳しくは文部科学省の「高等学校等就学支援金(新制度)Q&A」を参照しましょう!

公立高校と私立高校どっちを選ぶ?

学費がこんなにも違うのか!公立高校にしようかなぁ
公立高校の強みは学費ね!でも本当にそれだけで選んでいいの?

学費だけで選ぶなら公立通信制高校が断然いいですよね!でも、それだけで選ぶのは考えちょっと待ってください!

学費にこんなに違いがあるのに、公立通信制高校より私立通信制高校を選ぶ人が多いって知ってました?

まずは以下のデータを見てください。

引用:文部科学省

通信制高校の全体の生徒数(平成26年)

公立 71,180人
私立 112,574人
文部科学統計要覧

少し古いデータですが、徐々に私立の通信制高校の人数が増えてきていることが分かります。

このように最近では私立通信制高校を選ぶ人の方が多くなったんです。

学費がこんなにも違うのになんで私立が多いんだ!?
驚くのも当然よね、私立には学費が高いだけのメリットがあるの

私立の通信制高校は学校によって強みが違います。個性豊かで専門的な分野の勉強をすることもできます

私立の通信制高校を選ぶ理由

  • 卒業率が高い
  • 進学率が高い
  • 専門的な勉強ができる学校がある
  • 通学日数を自由に選べる
  • サポートが厚い(受験、就職、不登校など)
  • 学校が楽しそう

このように、私立通信制高校には私立の良さがあります。

特に高校を中退してしまった子供を持つ親御さんは、次の学校では楽しい学生生活を送って、ちゃんと卒業して欲しいと、私立の通信制高校を選ぶ人も多いようです。

 

私立の通信制高校は進学や就職、不登校へのカウンセリングやサポートも充実しており、学校生活も楽しく送れるように工夫している高校が数多くあります。

通信制高校を選ぶ最初のポイント

  1. 地元に対応した通信制高校はどこ?
  2. 公立を選ぶ?私立を選ぶ?
  3. 私立の場合はどんな高校がある?

なるほど、でも私立の通信制高校ってどんな学校があるんだ?
自分の住んでいる地域で通える私立高校を探すなら一括資無料料請求を利用するといいわよ

通信制高校を検討しているなら、まずはパンフレットを複数取り寄せてじっくり検討してみましょう。

 

こちらのサービスは、住んでいる地域に対応した通信制高校のパンフレットを一度に複数校まとめて取り寄せることができるので便利です。

ズバット通信制高校比較

さて、公立か私立か選ぶ事ができそうですか?

公立を選んだ場合は、迷うことなく最寄りの公立の通信制高校に通うことなります

なので、ここからは私立の通信制高校高校の選び方のポイントを解説していきます。

私立通信制高校の選び方

通信制高校のパンフレット請求してみたけどどれ選ぼう…
迷うのも無理ないわね、ここからは私立の通信制高校を選ぶ判断基準を説明していくわ

私立通信制高校は特色が多く様々な選び方も人それぞれ違ってきます。

これからいくつか判断ポイントを解説しますので、私立通信制高校を選ぶ際の比較の参考にしてみてください。

学費の安い通信制高校を選ぶ

まずは学費の安さから選んでみるのはどうかしら?

私立の通信高校は公立よりサポートなども厚い分学費が高いのがネックです。

私立を選ぶ場合でもできれば、学費の安い通信制高校を選びたいですよね?

以下で紹介する通信制高校はどれも評判が良く学費の安さでも評価の高い高等学校です。

学費が安く評判が良い通信制高校ランキング

1位 鹿島学園高等学校

  • 授業料:175,000円(1年間に25単位取得の場合)
  • 施設費:24,000円(年間)
  • 教育拡充費:17,000円(年間)
  • 年間学費目安:216,000円
  • パンフレットを取り寄せる→ズバット通信制高校比較

2位 N高等学校

  • 授業料:180,000円(1年間に25単位取得の場合)
  • 施設費:50,000円(年間)
  • 教育拡充費:13,000円 (年間)
  • 年間学費目安:243,000円
  • パンフレットを取り寄せる→ズバット通信制高校比較

3位 NHK学園高等学校 ベーシックコース

  • 授業料:250,000円(1年間に25単位取得の場合)
  • 施設費:10,000円(年間)
  • 教育運営費:20,000円 (年間)
  • 生徒会費:2,000円(年間)
  • 年間学費目安:282,000円
  • パンフレットを取り寄せる→NHK学園高等学校

スクーリングの頻度や通学範囲をチェック

通信制高校では決まった日数スクーリング(学校への登校)をしなければなりません。

スクーリングの頻度は生徒のニーズに合わせ様々あります。

スクーリングの頻度で選ぶ

  • 週1回のスクーリング
  • 週3回のスクーリング
  • 週5回のスクーリング
  • 月2回のスクーリング
  • 年に1度の合宿形式で集中スクーリング

 

基本的にスクーリングの頻度が多いコースは学費が高くなります。

まずは、自分がガッツリ学校へ登校したいか?それとも自宅学習メインでやっていきたいかを決定しましょう。

できれば、スクーリングなしの高校がいいなぁ…

中にはスクーリングなんて必要ないよー!スクーリングがない高校はないの?と考えている人もいるかもしれません。

ですが、残念ながら全くのスクーリングなしで卒業という高校はどこにもありません。

通信制高校を卒業するにはレポート、テスト、スクーリングの単位取得が必須項目となっています。

なので通信制高校を選ぶ上でスクーリングを視野にいれた選択をする必要があります。

スクーリングが少ない学校を選びたい方は年1回の集中スクーリング形式が最も適しているかと思います。

スクーリングでチェックするべきポイント

  • 通学できる範囲にスクーリング施設はあるか?
  • 集中スクーリングコースはあるか?
  • 年間のスクーリング回数はどれくらいか?
  • 途中での登校頻度のコース変更は可能か?

集中スクーリングとは?

集中スクーリングは、1年間に必要なスクーリングを合宿形式で短期間に集中しておこなうものです。

例えば、N高等学校はスクーリングの形式を選べるようになっています。

1年間に1回沖縄県で4泊5日の集中スクーリング、もしくは全国11か所で5日のスクーリングどちらか一方を選べます。

近くにスクーリングの施設がない場合は必然的に集中スクーリングを利用することになります。

沖縄県での4泊5日のスクーリングは魅力的ですよね!プチ旅行みたいで気分転換にもなりますし、新しい出会いやイベントもあるかもしれません!

全国から入学可能な通信制高校には、こういった集中スクーリング形式を設けている学校もいくつかあるので参考にしてみてください。

通信制高校のサポート体制で選ぶ

通信制高校を選ぶポイントとして、サポート体制をチェックするのも1つのポイントです。

通信制高校では、自己管理がとても大事になってきます。

自宅でずっと学習していると、学習へのやる気が続かなくなったり、不安がでてきて、つまずくこともあります。

そういった時にどのようなサポートがあるのか?を見ておくのは大事です。

進学や就職のサポートをしてくれたり学習計画や専門のカウンセラーが精神的なケアがある学校もあります。

通信制高校に通う上でやる気をどのように保っていくかはとても大事です

学校のサポート体制についてはしっかり見ておきましょう。

ポイント

私立通信制高校ではサポート校を併設している学校もあるので、サポート校の有無もチェックしておきましょう

 

サポート校を利用する場合は別途費用がかかりますが、自宅学習での不明点を教えてもらったり、卒業までのサポートをしっかりしてくれます。

サポート体制のチェック項目

  • どのようなサポートがあるか?
  • サポート校は併設しているか?
  • 担任の先生はつくか?
  • 専門のカウンセラーはいるか?
  • 勉強や生活の相談はのってくれるか?
  • 相談はどのような形式でおこなうか?(電話、メール)

学習内容で選ぶ、普通科or専門コース?

私立通信制高校の中にはオーソドックスなタイプの普通科の学校と専門的な勉強ができる学校があります。

これは私立通信制高校ならではの醍醐味で、専門学校のように特殊なコースがあります。

最近では、大学を卒業してもやりたい事が見つからない人が多く、なんとなく、サラリーマンになる人が多いです。

若いうちから専門的な技術を習得し、手に職をつけておけば将来的に就職にも有利になります。

専門コースで学べる内容は多種多様なので興味のある分野があれば、検討してみましょう!

通信制高校で学べる専門コースは例えば以下のようなものがあります。

専門コースで学べる内容

  • プログラミング
  • ファッション・デザイン
  • ネイル・メイク
  • 美容・エステ
  • アニメ・マンガ・声優
  • 保育・福祉
  • 音楽
  • 調理師・パティシエ

このように学べる内容は多種多様です。

まずは通える範囲の通信制高校の資料を請求してみて、どのようなコースがあるかじっくり検討してみましょう。

まとめ

なるほど、学校選びのコツは掴めたぜ!
それは良かったわ、これを参考にして後悔しない学校を見つけましょうね!

通信制高校を選びの手順

通信制高校を選ぶ場合はまず、通える範囲の学校の資料を取り寄せて比較検討してみましょう。

  1. 住んでいる地域に対応した学校を探す
  2. 資料を取り寄せて比較する
  3. 気になった点を高校に問い合わせる
  4. オープンキャンパスに参加してみる
通信制高校は数多くありますが、地域によっては入学できない範囲の高校もあります。

まずは、住んでいる地域に対応した学校を探しパンフレットを取り寄せてみましょう。

通信制高校を検討している場合は以下から資料を一括無料請求で取り寄せてみるといいですよ。

ズバット通信制高校比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください