通信制高校の面接完全合格マニュアル!入学、編入、転入を成功に導くポイント

通信制高校へこれから通おうと思ってる人で面接への恐怖を持っている人も少なくありません。

通信制高校へ入学、編入、転入する場合避けて通れないのが面接です。入試試験や学力試験が行われない学校でも、ほとんどの学校で面接試験は実施されています。

面接へ合格するためのポイントをこれからご紹介します。

面接に落ちる事はほぼない?面接の目的とは

通信制高校に編入したいけど面接があるのか…。面接すごい苦手なんだよなぁ。
気持ちはとても分かるわ、面接が好きって人はいないもの

じゃあ何でそんな面接するんだよぅ!
そうね、何で面接をするかを考えればそれがそのまま面接対策の答えになるわ

通信制高校の面接の目的を知ろう

まずはじめに知っておいてもらいたいのは、一般的に通信制高校で落ちることはほぼないです。

特に私立の通信制高等学校の場合だとどこも生徒数を確保したいのが現状で、ふるいにかけて落とすための面接ではなく、迎え入れるための面接ですので、最低限のマナーさえ守っていれば合格します。

では何故、面接をするのか?それには主に2つの理由があると思われます。

1、危ない人を排除するため

いくら合格率の高い面接といえど、危ない生徒を受け入れるのは高校側にとってもリスクが高いです。

通信制高校側が取りたくないケース
  • 暴力や法律違反行為をするような人
  • 周りの生徒や先生に迷惑をかけそうな人
  • 授業態度が良くない、学校での素行が悪い

 

当たり前ですが、このような人は学校にとってはいらない存在です。

通信制高校はイジメや不登校で高校を中退し、通い始めた生徒もいるので、こういった生徒を辞めさせる可能性もあります

学校側にとってリスクが大きいですし、迷惑なだけなのでこういう生徒は不合格にされます。

2、学校は理想の生徒を取りたい

面接をする目的の2つ目は理想の生徒を取りたいからです。

理想の生徒ときいて尻込みしなくても大丈夫です。学校にとって理想の生徒とは最低限学校を卒業してくれる生徒を指します

通信制高校を選ぶ際、卒業率を重視する人は多いです。

学校側は生徒を呼び込むためにも卒業率を上げるたいのが本音です。

私立の通信制高校は競争が激しいので卒業率を上げるためにサポート体制もしっかりしています。

通信制高校での面接で合格するためのアピール

以上のことから、面接では卒業をしたい!というアピールを強くすることが面接官に響く理想の答えとなるでしょう。

何故卒業したいかを深く掘り下げることでより説得力が増します。

私はは高校を卒業して資格を取ってこんな仕事をしたい!だとか、大学へ進学するためにどうしても高校を卒業したい!といったアピールもいいでしょう。

なるほど、卒業することをアピールすればいいんだな
学習意欲があることをアピールするのもいいわね


通信制高校の面接内容

面接の時間はどのくらい?

面接の時間は学校によってまちまちですが、平均的には10分くらいが目安のようです。

長くても20分、早いと5分程度で終わる学校もあります。

面接の形式は?

多くの場合は1対1の対話形式でその学校の先生と話すことになります。また、親と子供と先生の1対2の形式も多いです。

学校によっては集団でまとめての面接を実施していることもあるので、心配であれば受験先の学校へ問い合わせてみると良いですよ。

対人恐怖症などで集団面接が苦手や無理な場合、事前に学校相談すれば配慮してくれる高校もあります。

通信制高校に通う生徒は不登校などで学校に行けなくなったなど、事情がある生徒が多いので、マイナス評価にはなりませんので安心してください。


面接での質問内容やよく聞かれることまとめ

よく聞かれる面接の質問は以下のようなものになります。

通信制高校の志望理由、高校の中退理由、卒業後の夢や目標この3つはしっかり考え、何回も口に出す練習をしておいた方がいいでしょう。

他は基本的な受け答えで大丈夫です雑談のような感じです。面接の質問の答えに詰まってしまっても大丈夫なので、落ち着いて受け答えしましょう。

よく聞かれる質問
  • なぜ通信制高校を選んだのか?
  • 高校中退理由(編入の場合)
  • 自分の長所と短所
  • 卒業後の夢、目標
  • 好きな科目、嫌いな科目
  • 休日の過ごし方
  • 趣味など

 


えっ?通信制高校で圧迫面接される!?

通信制高校でも圧迫面接されるという話がたまにあります。

では、圧迫面接されるケースとはどういった場合なのでしょうか?

圧迫面接とは

圧迫面接は簡単にいうと意地悪な質問をしてくる面接です。

例えば「入学した学校、諦めるのが早かったよね?」とか「高校中退したのに、本当にうちで卒業できるの?」

こういった質問というか、嫌味ですね。

こういう質問をまだ10代の子供に投げかけるのは最低ですが、たまにこういう質問をしてくる高校もあります。

圧迫面接を受けるケースとは?

面接官が圧迫面接をする理由は、ずばり、その生徒を落としたいんです!

圧迫面接でなぜその人を落とそうとするか?

それは、面接官がこの生徒問題ありだと判断したからです。

それは容姿や風貌に問題があったり、面接の答えがあまりに常識から外れていたり、前の高校で暴力や違法行為をしたような人だったり。

これから高校に入学して問題を起こしそうな生徒と判断された場合に圧迫面接で落とします。

圧迫面接で落とされないために

圧迫面接で落とされないためにというよりも、正しくは圧迫面接をされるような事態にならないために注意をしてください

圧迫面接をされた時点で面接官は入学させる気はないです。

圧迫面接をされないためのポイント
  • 服装、髪色などをちゃんと整える
  • ピアスはしていかない。
  • 真面目に面接の質問に答える
  • ふざけない
  • 志望理由に遊びたいなどはNG

心配しなくても、真面目に受け答えしていれば、大丈夫です。

服装や髪色などはちゃんと整えてから面接に挑みましょう。

ピアスは開けていても大丈夫ですが、面接時は外していきましょう。


面接で緊張しないための対策

俺極度の緊張症なんだ…なにか緊張しないいい方法ないかな?
緊張しないためには事前準備を怠らないことよ!

面接で緊張して失敗!なんて経験を持っている人もいるかと思います。

「緊張して失敗」これをできるだけ防ぐための方法をお教えします。

ひたすら練習を繰り返す

面接で質問されても口下手でスラスラ言葉がでてこない沈黙時間が長い…こんなことありますよね。

この原因は練習不足にあります。めんどくさがらずにまずは練習をいっぱいしてください!

まず最初に聞かれそうな事の答えは箇条書きに紙にまとめて、暗記して声に出すことから始めてください。

「面接は暗記じゃない」そう思っていた頃が僕にもありました…。

ですが、基本的なことを暗記しておかないと、まずスタート地点に立てません!聞かれそうな基本的なことはすぐ答えられる用に準備しておくことが必要です。

基本をいくつか覚えておくと別のことを聞かれても応用で答えられるようになります。

できればお母さんやお父さんなど親御さん、もしくは身近な人と一緒に面接の練習を何十回も繰り返してください。

無理な場合はひとりで声にだして練習するのでも大丈夫です。

繰り返し練習しているうちに自然な感じにスムーズに言葉が出てくるようになります。

練習がバッチリ!それでも緊張する場合は?

1、話すときは面接官をカボチャだと思う

よくあるおまじないですが、面接官はカボチャだと思いましょう。自分の話している相手はカボチャなんだと…。

他にも、面接官はゲーム内のキャラクターやCPUなんだと思う方法もあります。

2、目を見て話さず、面接官の眉間を見て話す

目を見て話すと緊張してしまう人は、眉間を見て話しましょう。目をずっと逸らしたまま話すと自信がないように見られてしまいがちです。

眉間を見ていれば、相手からすればしっかり目を見て話しているように見えますし、自信ありげに見えるのでオススメです。

3、宇宙のことを考える


宇宙の大きさを考えたら自分だけじゃなく、どんな人間も同レベルに小さな存在です。宇宙にしてみれば人間なんて蟻以下なんです。

ここまで壮大な考えを持つと面接なんてちっぽけな出来事に考えられます。

4、将来のことを考える

将来の出来事に比べれば面接なんて通過点にすぎません。通信制高校の面接なんてそれはもう小さな出来事です。

気を張らずにリラックスして挑みましょう。

面接が終わった後、何食べるかとかそんなことを考えるのもいいですね。

5、好きな音楽を聴く


 

面接の前にリラックスする音楽や自分の好きな音楽を聴きましょう。

プロのスポーツ選手やアスリートも大きな大会の前に集中するために音楽を聴いたりするそうです。

いつも聴いてる曲であると良いです。いつもの自分で面接に挑みましょう!

目の前にいるのはカボチャカボチャカボチャ…

あっ、カボチャだ!
誰がカボチャよ!(バシッ


面接時の服装や髪色はどうする?

面接時の服装ってどんなのがいいんだ?やっぱりスーツとか?
服装は私服で大丈夫よ!でも派手な服は避けたほうがいいわね

通信制高校では学校に入学すると、基本的にファッション髪型自由な高校が多いですが、面接はそれとは別なので、注意してください。

面接は最低限のマナーや常識の判断基準です。面接で派手な格好をしていけば「常識のない人間だ」「問題を起こすかもしれない」と判断されかねませんのでそこだけは気を付けてください。

服装

面接時に派手な格好をしていると厳しいチェックが入り、圧迫面接をされかねません。

スーツや学生服などではなく、私服でOKですが、できるだけ落ち着いた服で面接に挑みましょう。

ユニクロで売っている柄やイラストの入ってない無地の服などがおすすめです。

髪色

髪色は自分の地毛の色がベストです日本人なら黒色ですね、染めている方は保険のためにも面接時は黒色に戻した方が無難です。

その他

ピアスやアクセサリーは外していきましょう。


まとめ~資料請求をして面接対策に

あまり力を入れすぎずに、リラックスして挑んでください。常識的な受け答えをすれば、定員オーバーでない限り落ちる事はないと思います。

面接対策に自信がない方へ裏ワザをお教えします。

面接対策に一番有効な手段、それは様々な高校のパンフレットを取り寄せる事です。

通信制高校のパンフレットには高校の理念や目標、校風やこんな学生が多いですと記載されています。

パンフレットには高校側の求める学生像が載っていますつまりパンフレットには面接の答えが載ってるも同然です!

なので、受験する高校はもちろん、複数の高校のパンフレットを取り寄せて、高校の求める学生像を参考にすれば、面接対策は完璧になります。

ちなみに以下のサイトから複数の通信制高校の資料を無料で一括請求できるので取り寄せて、面接対策を完璧にし、合格を目指してみてください!

ズバット通信制高校比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください